北洋ダイレクト当行のセキュリティ対策

『北洋ダイレクト』ではお客さまの大切な情報を守り、安心してご利用いただくために、様々なセキュリティ対策に取り組んでいます。

インターネットバンキング・モバイルバンキング共通

厳重な本人確認

■会員番号とパスワードによる本人確認

サービスをご利用の際には、北洋ダイレクト「会員カード」に記載の会員番号と、サービス(インターネット/モバイル)や個別のお取引内容に応じて、複数のパスワード等の組み合わせによる本人確認を行っています。
さらに、インターネットバンキングでは乱数表やソフトトークンを導入しています。
また、モバイルバンキングではご利用できるガラケーを1契約につき1端末に特定しています。

  • ソフトトークンとは、一定時間ごとに変化する使い捨てのパスワードを生成・表示するパスワード生成ソフトのことです。
    スマートフォンまたはガラケーにダウンロードし使用します。
    ソフトトークンを使用することで、不正なポップアップ画面を表示するウイルスや第三者に遠隔操作等で不正にログオンされるリスクを大幅に減らすことができます。
  • インターネットバンキングはパソコンやスマートフォンから、モバイルバンキングは携帯端末からパスワードを変更することができます。

第三者の不正利用防止システム

■パスワードの相違による取引停止の採用

第三者による不正利用を防ぐために、誤ったパスワードを連続して一定回数入力すると取引停止し、ログオンできなくなる方式を採用しています。

■自動タイムアウトの採用

第三者の不正利用を防ぐために、ログオンした状態で一定時間操作がない場合、自動的にログアウトします。

限度額変更の設定

ご希望に応じた任意の振込・振替限度額(利用日(操作日)1日あたり)を設定することができます。

  • ご契約当初の限度額は、振込・振替ともに100万円で設定されています。限度額を1万円から1,000万円の範囲で変更することができます。
  • インターネットバンキングはパソコンやスマートフォンから、モバイルバンキングは携帯端末からパスワードを変更することができます。

受付結果等のEメール通知機能

お客さまにご登録いただいた電子メールアドレスあてに振込・振替などのお取引(受付)結果をお知らせします。

  • 午前3:00から午前5:00は電子メールの休止時間とさせていただいております。この時間帯に受付したお取引については、午前5:00以降にご通知します。

インターネットバンキング

128bit SSL暗号化方式を採用

インターネットでの情報漏洩・盗難・偽造・改ざんを防ぐため、お客さまの送受信に「128bit SSL(Secure Sockets Layer)」という現時点では解読が困難な暗号化方式を採用しています。

ソフトウェアキーボードの導入

キーロガー対策としてソフトウェアキーボードを導入しています。
パソコンのキーボードを直接押すことなく、画面上に表示されるキーボードをマウスでクリックすることで、暗証番号等の入力を行うものです。

  • キーロガーとは、キーボードからの入力を監視して記録し、IDや暗証番号等を盗むソフトです。

無償セキュリティツール提供

スパイウェアやフィッシング詐欺等のインターネット犯罪対策として、当行のホームページにアクセスしている間のみ有効なセキュリティツール(アプリ)を、無料でご利用できます。

■「SaAT Netizen」(サート ネチズン)の無償提供

パソコンご利用の場合に、ネットムーブ社のセキュリティツール「SaAT Netizen」(サート ネチズン)を無料でご利用できます。

■「北洋銀行 Secure Starter」(セキュアスターター)の無償提供

スマートフォンご利用の場合に、ネットムーブ社のセキュリティアプリ「北洋銀行 Secure Starter(セキュアスターター)」(Android版、iOS(iPhone)版)を無料でご利用できます。

ログオン履歴の確認が可能

直近3回までのログオン日時がトップページに表示されるため、ログオン履歴の確認が可能です。
ログオン履歴は操作履歴照会からも確認ができます。

フィッシング詐欺対策のツール導入

■EV SSL証明書の導入

フィッシング対策としてEV SSL証明書を導入しています。
北洋ダイレクトにアクセスすると、アドレスバーが緑色に変化し、当行の正規ウェブサイトであることを容易に確認することができます。
同時に、アドレスバーに表示されたURLの右側に本サイトを運営する組織名「North Pacific Bank,Ltd.(株式会社北洋銀行)」とSSLサーバ証明書の発行元である「DigiCert」の認証局名が交互に表示されます。

■RSA FraudActionの導入

フィッシング詐欺を防止するため、EMCジャパン株式会社が提供するRSA FraudAction(アールエスエー・フロードアクション)フィッシング対策サービスを導入しています。
北洋銀行を装った偽サイト(フィッシングサイト)を発見した場合、世界各国のインターネットサービスプロバイダと協力して、短時間での偽サイト閉鎖に努めます。

モバイルバンキング

通信の暗号化

情報漏洩・盗難・偽造・改ざんを防ぐため、各携帯電話会社が独自の暗号方式でデータ暗号を行い、お取引情報を送受信しています。

利用登録した電話機以外での利用を禁止

モバイルバンキングは、ご利用端末として登録された電話機以外での利用を禁止することにより不正利用を防止しています。なお、同一携帯電話会社で複数端末をご利用端末登録することはできません。

関連情報

商品・サービス内容についてはお電話にてお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

コンタクトセンター 0120-161-697 フリーダイヤルをご利用いただけない場合 011-290-6833(通話料有料)<電話受付時間>平日 9:00〜17:00(土・日・祝日・12月31日〜1月3日を除く)

操作方法についてはお電話にてお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

北洋ダイレクトヘルプデスク 0120-094-690 <電話受付時間>平日 9:00〜17:00(土・日・祝日・12月31日〜1月3日を除く)

ページの先頭へ戻る

株式会社北洋銀行 登録金融機関 北海道財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会