EV SSL証明書

EV SSL証明書とは

EV SSL(Extended Validation SSL)証明書は、Webサイトの運営組織をお客さまが判別し易くするための証明書です。アドレスバーが「緑色」に変わることで、EV SSL 証明書が導入されている信頼性の高いWebサイトであることを示し、またWebサイトの運営組織や認証組織が表示されるので、ご覧のWebサイトが信頼できるものであると一目で確認できます。

インターネットバンキングにおけるアドレスバー表示について

ブラウザが EV SSL 証明書対応サイトの表示設定を行っている場合アドレスバーが緑色に表示され、SSL 暗号化通信を表す鍵マークと共に、Webサイトの運営組織として「North Pacific Bank, Ltd.[JP]」(北洋銀行)とSSL証明書を発行した認証局名「DigiCertによって認証」が交互に表示されます。

北洋でんさいサービス・北洋外為Webの場合は、Webサイトの運営組織として「NTT DATA CORPORATICON[JP]」(株式会社 NTTデータ)が表示されます。

●北洋銀行の正規サイトにアクセスした場合

●注意が必要な場合

●Internet Explorerにおける動作

EV SSL 証明書に
対応したウェブサイト
通常の SSL 証明書に
対応したウェブサイト
アドレスバーの色 緑色 白色
鍵アイコン
(SSL暗号化接続を表します)
表示
(アドレスバーの横に表示)
ウェブサイトを運営する組織名
(North Pacific Bank,Ltd.[JP])
表示 非表示
証明書を発行した認証局
(DigiCert)
表示 非表示

設定方法

1 Windows Update で EV SSL 証明書の最新版をインストールします。
2 ブラウザの「SmartScreen フィルター機能」を有効にします。

Windows Update でルート証明書の更新

  • ブラウザメニューの「ツール」→「Windows Update」をクリックしWindows Updateのページを開きます。
  • Windows 7以上の場合は、更新プログラムの確認後、利用可能な更新プログラムを表示し、ルート証明書の更新プログラムをインストールします。

【補足】
選択画面に「ルート証明書の更新プログラム」が表示されない場合は、最新のEV SSL 証明書がインストールされています。

自動的なWebサイトの確認を有効化

  1. Internet Explorerを起動します。
  2. 「セーフティ」→「SmartScreenフィルター機能」→「SmartScreenフィルター機能を有効にする」をクリックします。

  3. 「SmartScreenフィルター機能を有効にする」を選択し、「OK」をクリックします。

有効化の確認

ログオン画面を表示し、アドレスバーが「緑色」に表示されていることを確認します。

ページの先頭へ戻る

株式会社北洋銀行 登録金融機関 北海道財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会