トップメッセージ

 皆さまには、日頃より北洋銀行をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

 2020年度上期の日本経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大を発端とした緊急事態宣言による経済活動の停滞や、同宣言解除後においても3密回避などの一定の行動制限が続き、雇用・所得環境の悪化に伴う個人消費や企業収益が大幅に減少していることなどから、リーマンショック時を超える未曽有のマイナス成長が見込まれています。

 北海道においては、昨年度末から独自の緊急事態宣言が全国に先駆けて発せられ、経済活動の停滞が長期化したことや、これまで道内景気を牽引してきた観光分野において、道外客の激減やインバウンドの蒸発に伴い、宿泊・旅館業や関連業種への影響が甚大であったことなどから、さらに厳しい状況であるとみております。

 足下では、個人消費の一部などに持ち直しの動きもみられ、最悪期は脱したとみられているものの、完全回復には時間を要すると思われ、今後の大規模な感染やこれらに伴う金融不安の発生などによっては、さらなる下振れリスクの可能性もあり、引き続きその動向には注視が必要であると考えております。

 こうした経済情勢に加え、少子高齢化に伴う人口減少の進展や超低金利政策の長期化など、地域銀行にとって厳しさを増す環境が続く中、北洋銀行グループでは、お客さま本位の信念と取組みを大前提に、困難に自ら立ち向かい、北海道の未来のために貢献していくことを使命とした新たな経営理念を、2020年3月に策定・公表いたしました。

 この経営理念の下、2023年3月までの3年間を計画期間とする中期経営計画「『共創の深化』〜お客さま・地域から最も信頼されるパートナーを目指して〜」をスタートさせております。この計画の着実な実践に向けて、お客さまへのライフコンサルティングや事業性理解などの取組みにより、潜在的なニーズや課題を発掘し、最適なサービスやソリューションの提供に努めております。また、お客さまのニーズを踏まえたアプローチなど、デジタルサービスを拡充させているほか、対話力や目利き力、コンサルティング力の強化につながる人財の育成を進めております。加えて、環境変化に対応すべく、店舗や人財、業務の集約化など、生産性向上への取組みを加速させております。

 コロナ禍の終息は未だ見通しが立たない状況にありますが、この状態をニューノーマル(新常態)なものとして、with/afterコロナに適応しつつ、新たなビジネス機会を共創していくことが肝要と考えております。こうした認識も踏まえながら、新たな経営理念と中期経営計画に掲げた、お客さま本位の取組みを一つひとつ積み重ね、北洋銀行グループの収益向上につなげるとともに、北海道の持続可能な未来に貢献してまいりますので、引き続き温かいご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

株式会社 北洋銀行
取締役頭取 安田 光春

ページの先頭へ戻る

株式会社北洋銀行 登録金融機関 北海道財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会