トップメッセージ

 皆さまには、日頃より北洋銀行をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

 2019年度の日本経済は、年度末にかけて、新型コロナウイルス感染症の影響により、個人消費や企業収益の急速な減少のほか、生産や雇用にも悪化の動きが見られるなど、非常に厳しい状況となりました。
 また、北海道経済においても、中国や韓国をはじめとするインバウンドが大きく落ち込み、国内でも一般の外出や消費行動を抑制せざるをえない状況が続いていることから、これまで道内景気を支えてきた観光関連や北海道の強みである「食」関連サービスを中心に、様々な業種・分野に影響が及んでおります。
 先行きについても、経済活動停滞の長期化によっては、さらに下振れするリスクやこれに伴う金融市場の不確実性の高まりなど、今後の動向には引き続き注視する必要があると考えております。

 こうした経済情勢に加え、人口減少の進展や超低金利政策の長期化など、地域銀行にとって極めて厳しい経営環境の中、当行は、職員一人ひとりが果たすべき役割とそれを通じて北海道の未来に貢献するという使命を明確にするため、北洋銀行グループとして統一した新たな経営理念と具体的な行動規範を策定いたしました。
 この新たな経営理念では、私たち北洋銀行グループは、お客さまの信用・信頼の下にあることをしっかり意識し、お客さま・地域の多様化するニーズや課題に、最善の提案でお応えしていくこと、そして、こうした一つひとつの取組みを通じて、北海道の持続可能な未来のために、自ら困難に立ち向かっていくという強い意志を示させていただきました。
 また、この経営理念の下、2020年4月から2023年3月までの3年間を計画期間とする新たな中期経営計画『共創の深化』をスタートさせております。
 前中期経営計画『共創』をさらに深化させるべく、お客さまにより近い存在となり、より深くお客さまのことを考え、当行グループの総力を駆使したコンサルティングと最善のサービス・ソリューションの提供に努めること、そのための人財を育成すること、そして、その基盤である組織を強靭なものにするため、デジタルを活用した効率的アプローチや生産性向上に向けた取組みを加速させることを趣旨とした基本方針を掲げ、お客さま・地域から最も信頼されるパートナーを目指してまいります。

 経営理念に掲げたお客さま本位の徹底により、この中期経営計画を着実に実践し、お客さまの満足や価値の最大化を図るとともに、当行グループの収益向上につなげていくことを通じて、北海道の持続可能な未来のために貢献してまいりますので、引き続きご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 

株式会社 北洋銀行
取締役頭取 安田 光春

ページの先頭へ戻る

株式会社北洋銀行 登録金融機関 北海道財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会