お客さま保護等管理方針

2008年1月1日制定
2014年6月25日改正
株式会社 北洋銀行

 当行は、お客さまの利益・資産の保護および利便性の向上ならびに業務の健全性の向上を経営上の最重要課題と認識し、次のとおり取り組みしてまいります。

  1. お客さまとのお取引および情報提供に際しましては、お客さまが当行の商品やサービス等をご自身の自由な意思に基づいてご選択いただけますよう、正確かつ適切な情報を提供するとともに、お客さまが十分にご理解、ご納得いただけますよう、法令等を遵守した適切な勧誘・説明を十分に行います。
  2. お客さまからお申出のあったご意見・ご要望等は真摯に受けとめ、適切かつ十分に対応するとともに、業務の見直し・改善ならびにサービスの向上につなげていくことにより、お客さまの一層のご理解と信頼を得られるよう努めます。
  3. お客さまに関する情報は、関係法令および内部規程等に従って適切に取得するとともに、利用目的の範囲内でのみ取り扱うなど、適切に管理いたします。
     また、お客さまの情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、情報の漏えい等や不正なアクセスを防止するために、必要かつ適切な措置を講じます。
  4. お客さまとのお取引に関連して当行が行う業務を外部へ委託する場合は、業務遂行の的確性を確保するとともに、お客さまの情報やその他の利益を保護するために、定期的または必要に応じてモニタリングを実施するなど、委託先を適切に管理いたします。
  5. 当行の業務の遂行において生じうる、お客さまの利益を害する可能性のある取引を特定し、お客さまの利益が不当に害されることを防止するために、利益相反に該当する取引を適切に管理いたします。
  6. その他、お客さまの保護や利便の向上のために必要であると判断した業務の管理につきましては適切に管理いたします。
  • 本方針における「お客さま」とは、「現在当行の商品およびサービスをご利用されている方および新たにご利用を検討されている方」をいいます。
  • お客さま保護の必要性のある業務は、与信取引(貸付契約及びこれに伴う担保・保証契約)、預金等の受入れ、商品の販売、仲介、募集等において、お客さまと当行との間で行われるすべての取引に関する業務です。

以上

ページの先頭へ戻る

株式会社北洋銀行 登録金融機関 北海道財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会