ほくよう投信積立サービス

3つの魅力

こんな方におすすめ

値下がりしてしまうのが怖い…。売買のタイミングが分からない…。マーケットを見る時間なんて無い…。ほくよう投信積立サービスにはこういった悩みを解決する効果があります!!

積立投資にはどんな効果があるの?

①基準価額が値下がりしても大丈夫?

値下がりした際にチャンスを作っておけるってどういうこと?
投資において、値下がりって悪いイメージしか持ってなかったけど…

投資対象が値下がりするということは、買付単価を低くおさえることができ、購入量(口数)も増えるため、一度に購入した場合より保有口数が増える結果となります。そのため、一度に購入した場合より将来値上がりした際の利益を高める効果が期待できます。
長期・分散投資を前提とした場合、基準価額の値下がりは悪い事ばかりとはいえないようですね!

投信積立の最終的な成果は基準価額だけでなく口数(量)にも大きく左右されます!!

②買付価額の平準化ってどういうこと?

ほくよう投信積立サービスは、日々の値動きに関わらず、毎月一定額を購入する方法です。ファンドを一度にまとめ買いする方法に比べ、投資タイミングによるリスクが少なくなり、平均購入単価が安定します。長期的な資産形成を図るには有効な投資方法です。

買付価額の平準化

基準価額が上下しても口数の効果で運用成績がプラスになることもあります。
投信積立で値動きを味方にして、むしろ値動きを楽しみましょう!!

商品概要

販売チャネル 店頭 北洋投信ダイレクト
(インターネット投信)
振替額 毎月の指定購入金額
1万円以上1千円単位
毎月の指定購入金額
1千円以上1千円単位
増額月の追加購入金額(年2回まで設定可能)
1千円以上1千円単位
振替日

毎月15日(銀行休業日の場合は翌営業日)

  • 投資信託の購入代金は、振替日前日までに振替指定預金口座へご入金ください。
  • 総合口座およびカードローン等の貸越可能額を利用した購入はできません。

お問い合わせ

北洋銀行の店舗窓口またはお電話にて
お問い合わせください。

店舗でのご相談・お申込み

お電話でのお問い合わせ

投信・公共債フリーダイヤル

0120-824-014

0120-824-014

<電話受付時間> 月曜〜金曜 9:00〜17:00
(土・日・祝日・12月31日 〜 1月3日を除く)
お問い合わせ内容によってはお取引店にご確認いただく
場合がございますので、ご了承願います。

投資信託についての注意点
(必ずお読みください)

  • 投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
  • 北洋銀行で購入された投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、値動きのある有価証券(外国証券については為替変動リスクもあります)等に投資しますので、運用実績は市場環境等により変動します。したがって、元本および分配金が保証されるものではありません。
  • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託の設定・運用は投資信託会社が行います。
  • 当行取扱の投資信託は、買付時のお申し込み手数料(申込金額に対し最大3.24%(税込))ならびに換金時の信託財産留保額 (基準価額に対し最大1.0%)が必要となり、保有期間中は信託報酬(純資産総額に対し最大年率2.16%(税込)。ただし、投資対象とする投資信託証券の組入比率や当該投資信託証券の変更などにより、上記の料率を超える場合があります。また、 固定報酬や成功報酬等を間接的にご負担いただく場合があります。)、監査費用、売買委託手数料、外貨建て資産の保管などに要する費用等が信託財産から支払われます。なお、これら手数料・費用については、商品毎に異なりますので、表示することができません。
  • 投資信託をご購入の際は「投資信託説明書(交付目論見書)」を必ずご覧ください。

(平成29年6月末現在)