【ご覧いただいている画面は旧ホームページの画面です】

平素は北洋銀行をご利用いただきありがとうございます。
北洋銀行では、お客さまにさらに安全に当行ホームページをご利用いただくため、セキュリティ強化として常時SSL化を実施いたしました。

常時SSL化に伴い、当行ホームページのアドレスが変更となっています。
旧ホームページは、近日中に閉鎖する予定です。ブックマークやお気に入り等に登録されている場合は変更をお願いいたします。

(旧)http://www.hokuyobank.co.jp/
(新)https://www.hokuyobank.co.jp/

※新ホームページは上記リンクから移動願います。

また、旧ホームページでは、「お知らせ・ニュースリリース」や「預金・ローン金利」、「手数料」等の掲載はしておりません。

北洋外為Webセキュリティについて

お客さまのIDやパスワード等を盗み取り、不正な取引を行うといった金融犯罪が増えています。
『北洋外為Web』を安全にご利用いただくため、お客さまにおかれましても十分なセキュリティ対策をお願いいたします。

当行のセキュリティ対策

『北洋外為Web』では、お客さまの大切な情報を守り安心してご利用いただくために、様々なセキュリティ対策に取り組んでおります。

電子証明書方式を採用

第三者のなりすましによる不正利用のリスクを軽減するため、『北洋外為Web』では電子証明書方式を採用しております。当行が提供する「電子証明書」を取得して、お客さまのパソコンにインストールしていただくことにより、『北洋外為Web』にログインできるパソコンとユーザーID(注)を特定する方式です。

  • (注)1台のパソコンを複数名でユーザーIDを分けて使用している場合、それぞれのユーザーIDごとに電子証明書が取得・インストールされます。

128bit SSL暗号化方式を採用

インターネットでの情報漏洩・盗難・改ざんを防ぐため、お客さまのデータ送受信に「128bit SSL(Secure Socket Layer)」という現時点では解読が困難な暗号化方式を採用しております。

IDと暗証番号・パスワードによる本人確認

『北洋外為Web』をご利用の際には、電子証明書と各種暗証番号による本人確認を行っております。また、60日間一度もパスワードの変更がない場合は、変更操作画面が表示されます。

ソフトウェアキーボードを導入

キーロガー対策としてソフトウェアキーボードを導入しております。
パソコンのキーボードを直接押すことなく、画面上に表示されるキーボードをマウスでクリックすることで、暗証番号等の入力操作を行うものです。

  • キーロガーとは、キーボードからの入力を監視して記録し、IDや暗証番号・パスワードを盗むソフトです。

ログイン時にはEV SSL 証明書を導入

フィッシング対策としてEV SSL証明書を導入しております。
『北洋外為Web』にアクセスすると、アドレスバーが緑色に変化し、当行の正規ウェブサイトであることを容易に確認することができます。
同時に、アドレスバーに表示されたURLの右側に本サイトを運営する組織名「NTT DATA CORPORATION[JP](㈱NTTデータ)」とSSLサーバ証明書の発行元である「DigiCert」の認証局名が交互に表示されます。

セキュリティツールのご利用が可能です

スパイウェアやフィッシング詐欺等のインターネット犯罪対策としてネットムーブ社のセキュリティツール「SaAT Netizen」(サート ネチズン)が無料でご利用できます。

  • 当行のホームページにアクセスしている間のみ有効です。

利用者ごとに権限設定が可能です

マスターユーザが一般ユーザごとに、利用可能なサービス種類や承認権限などを設定することができます。

  • マスターユーザとは、自分自身を含めたユーザを管理することができるユーザです。(1名のみ設定可能です。)
    また、保有する権限内で業務を行うユーザでもあります。
  • 一般ユーザとは、マスターユーザが設定した権限に基づき、仕向送金依頼、輸入信用状開設依頼、操作履歴照会などを行うユーザ(最大9名)です。

自動タイムアウトの採用

第三者の不正利用を防ぐために、ログインした状態で一定時間操作がない場合、自動的にログアウトします。

ログイン履歴の確認が可能です

ログイン直後のホーム画面に、直近3回分のログイン日時が表示されるため、ログイン履歴の確認が可能です。

暗証番号・パスワード相違による利用停止の採用

第三者による不正利用を防ぐために、誤った暗証番号を連続して一定回数入力すると利用停止し、ログインできなくなる方式を採用しています。

取引操作結果等を電子メールでお知らせします

取引操作された結果を電子メールにてお知らせいたします。なお、電子メールには取引内容詳細が記載されないため、メールを受信されましたら速やかに『北洋外為Web』にログインし、トップ画面上の通知情報により内容確認を行っていただく必要があります。

RSA FraudAction を導入

フィッシング詐欺を防止するため、EMCジャパン株式会社が提供するRSA FraudAction(アールエスエー・フロードアクション)フィッシング対策サービスを導入しています。
北洋銀行を装った偽サイト(フィッシングサイト)を発見した場合、世界各国のインターネットサービスプロバイダと協力して、短時間での偽サイト閉鎖に努めます。

安全にご利用いただくために

お客さまのIDやパスワード等を盗み取り、不正な取引を行うといった金融犯罪が増えています。
『北洋外為Web』を安全にご利用いただくため、お客さまにおかれましても十分なセキュリティ対策をお願いいたします。

OS(Windows)は常に最新の状態にしてください

OSのシステムを最新の状態に保つためにウィンドウズアップデートを定期的に行ってください。

  • ウィンドウズアップデートについては、マイクロソフト社のウェブサイトにてご確認ください。

セキュリティ対策ソフトを必ずご利用ください

セキュリティ対策ソフトはインターネットによる金融犯罪を100%防ぐものではありませんが、ウィルスの侵入リスクを軽減することができます。また、セキュリティ対策ソフト導入後は、定期的にアップデートを行い常に最新の状態にしてください。

  • セキュリティ対策ソフトのご購入については、家電量販店等のソフト販売先にご相談ください。

北洋銀行の正規ウェブサイトであることをご確認ください

『北洋外為Web』をご利用いただく前に、北洋銀行の正規ウェブサイトであることを必ずご確認ください。

『北洋外為Web』のトップページのURLアドレス
http://www.hokuyobank.co.jp/feweb/index.html

また、当行ではEV SSL証明書(Internet Explorer7.0以上に対応)を導入しており、『北洋外為Web』にログインしている際には、アドレスバーの色が白色から緑色に変わります。

パスワードを定期的にご変更ください

『北洋外為Web』でご利用いただくパスワードは、定期的にご変更ください。 なお、パスワード入力には、パソコンのキーボードではなく、ソフトウェアキーボード(画面上に表示されるキーボード)をご利用ください

セキュリティツールをご利用ください

当行のホームページにアクセスしている間のみ有効なネットムーブ社のセキュリティツール「SaAT Netizen」(サート ネチズン)を無料でご提供しております。「スパイウェア」や「フィッシング詐欺」等のインターネット犯罪対策としてご利用ください。

金融機関を装った電子メールにご注意ください

北洋銀行を装ったメールや、心あたりのない電子メールにご注意ください。北洋銀行では電子メールでお客さまの情報(ID・パスワード等)を入力いただくようなご依頼をすることは絶対にありません。そのような不審な電子メールの開封や添付ファイルの開封、発信元への返信、または記載されたURLをクリックし当該サイトにアクセスすること等は絶対に行わないでください。
また、『北洋外為Web』では、ログイン後の画面でお客さまがご登録いただいたE-mailアドレスあてにユーザ情報管理操作等の結果をご連絡しておりますが、この電子メールにはお客さまの大切な情報(口座番号やお取引金額等)は記載しておりません。

  • E-mailアドレスのご登録の際には、正しく入力されていることを必ずお確かめください。

北洋銀行の店舗窓口にお問い合わせください。

店舗でのご相談・お申込み

店舗検索

セキュリティ・金融犯罪についてセキュリティ・金融犯罪について

恐れ入りますが、ご使用の端末ではご利用いただけません。

  • SeAT Netizen 不正送金やウィルスをブロック

キーロガータイプの スパイウェア対策について

セキュリティツールのご案内 詳細・インストールはこちら

ページの先頭へ戻る

株式会社北洋銀行 登録金融機関 北海道財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会